詞.曲:鬼束ちひろ
  
光に 一体何が望める
そして 闇にも
愚かで 無垢なものを指先に
宿して 自分を導けば
辿り着くいつもそこは
すべてを貫く鉄塔の上
手に入れたものは いつかの夢達
見降ろす街は 凍える想いを
きつく寄せ合うけれど

帰り路をなくして
今日はどこに帰るのだろう
この月が 何を翳すのかを
知る事さえ怖くて
血の涙は溢れる
緋の翼で舞い上がるのだろう
燃える世の底を這って
ただ 嗚き叫ぶ
鳴き叫ぶ

力は その刃を振り上げる
ゆらりと 儚く互いへと
手探りで感じた熱は
優しい誰かのつむじ風
置き去った気持ちは いつかの迷い歌
ビルや日々の群れ 沈まぬようにと
暮れる胸を焦がしてゆく

帰り路をなくして
明日はどこに向かうのだろう
いつの時か 握りしめてきた
手のひらも解かずに
血の涙は零れる
緋の狭間で立ち上がるのだろう
過ぎ去る背はもう見えない
ただ その先へ
その先へ

帰り路をなくして
そして今はここに
碧(あお)の淵 黄金(こがね)の果て 夜の隣で震える

帰り路をなくして
今日はどこに帰るのだろう
この月が 何を翳すのかを
知る事さえ怖くて
血の涙は溢れる
緋の翼で舞い上がるのだろう
燃える世の底を這って
ただ 鳴き叫ぶ
鳴き叫ぶ



========中譯:tamaXD=======(譯得很讚!)


在光芒中究竟在期望些什麼呢
並且在黑暗中也是
若是將那愚蠢又純粹的東西寄宿至指尖
引領著自己的話
終將到達的地方
是貫穿一切的鐵塔頂端
進到手中的是不知何時作的夢
即使俯瞰的城市將冰凍的思念
全都緊緊地挨近

失去歸途
今日該歸去何方
連知道這彎月遮蔽住什麼的事
都令人害怕
血之淚滿溢
還能夠以緋紅的翅膀飛舞起來嗎
在燃燒的世界的底處爬行
只是大聲呼喊
大聲呼喊

力量將那利刃高舉
輕輕地往彼此虛幻之處
以摸索感受到的炙熱
是誰溫柔的旋風
拋開的情緒是何時迷惘的歌
帳單和日子的堆疊彷若從未沉沒地
讓不知所措的胸口越趨焦急

失去歸途
明日該前往何方
將那不知何時握住的手心
緊緊地繫住
血之淚零落
還能夠在緋紅的縫隙裡站起來嗎
離去的背影已經再也看不見
只是不斷往前
不斷往前

失去歸途
於是此刻我在這裡
在碧綠色的深淵 在金黃色的的盡頭 在深夜的旁側顫抖

失去歸途
今日該歸去何方
連知道這彎月遮蔽住什麼的事
都令人害怕
血之淚滿溢
還能夠以緋紅的翅膀飛舞起來嗎
在燃燒的世界的底處爬行
只是大聲呼喊
大聲呼喊

 

創作者介紹
創作者 Hayashi 的頭像
Hayashi

Rampage.BELOVED

Hayashi 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()